小児歯科専用診療スペースを完備し、楽しく歯医者さんに通っていただける工夫をしております。

小児歯科

お子様専用の診療室を設けております。

当院では、お子様が安心して治療していただくよう専用診察室を設けております。この専用診療室では、お子様の健康を守るために、口の中の病気の診断や虫歯治療の方針を立てたり、虫歯を作らないように予防対策をし、歯が生え始めてから永久歯に生えかわるまでの口の中の健康管理をしています。
特に子どもは虫歯ができやすく、15才くらいまでは油断ができないので、虫歯の無い、きれいな歯並びの子どもを育てていく事が最大の目的になります。虫歯になると体にも影響がでてきますし、顎の発育などの原因もその1つです。こうした悪影響を避ける為にも、早期発見・予防をし、お子様の体調管理をします。

子どものむし歯予防

お子様のむし歯治療はもちろんのこと、子どものためのブラッシング指導、フッ素塗布、シーラントといったむし歯予防を重視しています。 むし歯の治療は、極力痛くない治療を心がけ、「怖くなく痛くなく」お子様が歯医者嫌いにならないように、そして自分の歯を大切にしたいと思えるように心がけております。

フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗布することにより、虫歯菌の酸で溶けにくく、虫歯になりにくい歯にします。特に、お子様の生えたばかりの歯の表面は柔らかく、虫歯になりやすいので、お子様の虫歯予防にお勧めしております。

シーラント

奥歯の溝は、深く複雑な形をしています。シーラントで、この溝をふさぐ事(歯を削ったりしません)で虫歯予防に効果を発揮します。そして、シーラントには、フッ素が含まれていますので、シーラントで溝がふさがっている期間は、持続的にフッ素が歯に吸収され、歯を強くする事ができます。

受け口の治療

3歳児検診で反対咬合(受け口)と診断されたら…

下の歯が上の歯より前に出ている症状を、反対咬合(受け口)を言います。当時は、3歳児検診で診断されても、「年齢が大きくなれば改善されることもあるので、少し様子をみましょう。」というケースもありましたが、近年の臨床データでは、3歳の時点で受け口のお子様の場合、100人に6人程度しか、自然には治らないということがわかりました。
そのため、反対咬合の治療は、早期の診断と治療が非常に大切と言えます。

当院では、ムーシールドを使用し、受け口の早期治療を行っております。

ムーシールド

透明なマウスピース型の矯正装置を使用して、お子様のかみ合わせを治療していきます。 就寝中に装着するだけで、日中は装着する必要はありませんので、小さいお子様に対しても負担が少ない治療を行うことが可能です。通常、数ヶ月から半年程度で症状の改善がみられます。