虫歯や歯周病の治療、親しらずの抜歯などお口に関するお悩みはお気軽にご相談ください。

一般歯科

カウンセリングを重視した治療を行っています。

虫歯が痛むなどをはじめ、患者さんがいつまでも健康的な歯で食事ができるよう、悪い歯の早期発見・早期治療を心掛けてレントゲンを撮影したり、最新の口腔内カメラを使用したりして各患者さんの歯の健康状態や治療方針を患者さんに丁寧にカウンセリングし、十分理解していただいた上で治療する事を心がけています。
また、歯の痛みの症状は様々です。どんなとき、どの程度痛いのか患者さんの訴えを的確に判断し、もっとも適した治療を心がけます。 現在の医療技術を用いれば殆ど痛みを感じることなく治療していく事が可能です。
しかしながら、麻酔薬を使うのは最小限にした方がいいのも事実です。
患者さまの体調など考え、不安を与えないよう治療いたします。また妊婦の方などの治療に関してもご相談いたします。

虫歯について

C0

C1

C2

C3

C4

C0

歯面が脱灰します。虫歯菌の進行度合いを調べ、歯を削らずに治療できる可能性があります。

C1

エナメル質内に虫歯菌が進行します。

C3

やがて虫歯菌が神経まで達します。

C2

象牙質内に虫歯菌が進行します。

C4

最後には歯根だけになってしまいます。

C0は、歯の表面が脱灰し虫歯の出来始めです。当院では、虫歯菌の進行を測定するダイアグノデントという機器を用いて、虫歯菌の進行度合いを数値化することで、虫歯を削る治療だけでなく、虫歯を削らずに歯を再石灰化させる治療も行っております。大切な歯を守るためにも、早期発見、早期治療が大切です。

C1、C2まで進行してしまうと、虫歯を削る必要が出てきます。
虫歯の大きさや部位によっても変わりますが、保険では基本的に銀歯の詰め物になる事が多いです。C2は、虫歯が深い場合、神経の治療になる事もあります。C3はかなり大きい虫歯です。患者様自身もはっきり分ると思います。大きな穴や痛み、歯茎の腫れ等を伴います。神経の治療がほとんどの場合、必要になります。C4は歯がほとんど欠けてしまい、根だけになった場合が多いです。たいていは抜歯になりますが、根の状態が良ければ差し歯にする事も出来る可能性があります。

歯周病について

P0

P1

P2

P3

P4

P0

プラークや歯石が溜まってきます。年に3回は歯科医院での定期メンテナンスが必要です。

P1

歯肉から出血しやすくなります。

P3

口臭や膿が出るようになってきます。

P2

歯周ポケットが深くなります。

P4

歯がグラつき、歯が抜け落ちます。

歯周病とは、歯垢や歯石内の歯周病菌によって歯を支えている骨が溶かされていく非常に恐ろしい病気です。日本人の成人80%以上が歯周病菌に感染していると言われています。普段しっかりと歯磨きをしていても、実は歯周ポケットに入り込んだ歯垢や歯石を取り除くことはできないのです。

歯周病は痛みを伴わず進行していきます。P1では、歯茎や歯肉から出血しやすくなり、歯茎が赤く腫れたようになってきます。P2になると、歯周ポケットはさらに深くなり、歯が浮いたような感じになり、出血や膿が出るようになってきます。P3まで進行してしまうと、歯槽骨の溶解がさらに進行し、噛み合わせると痛みを伴い、口臭がひどくなり、膿も流れ出るようになってきてしまします。P4では、歯根は完全に露出してしまい、歯はグラつき、やがては自然に歯が抜け落ちてしまいます。
歯垢や歯石が溜まる周期を考えると、年に3回から4回の歯科医院による定期的なメンテナンスが必要です。
当院では、メンテナンス専用ルームを用意し、専門スタッフによる歯垢や歯石の除去からブラッシング指導など、予防歯科に力を入れた取り組みを行っております。大切な歯と長く健康に付き合っていくためにも、定期的なメンテナンスを是非受けていただきたいと考えております。

口腔外科について

親知らずの抜歯や顎関節症、口内炎など口腔内の出来物の外科的処置を行っています。「親知らずが痛い」「顎がカクカクして痛い」「口内炎・お口の中のただれ」など一貫して治療いたしますので、お気軽にご相談ください。
また、インプラント治療につきましては、インプラント専用ページを設けておりますので、そちらをご覧ください。